製品成形の際のメヤニ発生を防ぐ!フッ素系離型剤で品質向上を目指す

金属製品の加工

離型剤を塗布すれば成形で出たメヤニを掃除する時間を大幅に短縮可能

シリコンやゴムを使った新商品を開発するにあたり、製造プロセスで使う離型剤として何がいいか検討中の会社もあるでしょう。シリコンやゴムの製品は、金型に原材料を流し込んで成形しますが、離型剤を塗布してから作業しないと、型から成形物を綺麗に分離するのに大変苦労することになります。そのため、離型剤使用は必須ですが、離型剤にもいろいろなタイプがあるため、何を基準に選択したらいいか迷うかもしれません。
離型剤の代表格としては、ワックス系とフッ素系が有名です。フッ素系というのは、フッ素コーティングの原理を離型作業に応用したものですが、ワックス系に比べてクリーンな環境で作業できる点が魅力です。ワックス系離型剤は成形物に転写してしまい、これを洗浄する手間が必要です。更に、メヤニの生成についても考慮が必要です。フッ素系離型事なら、メヤニ発生を防ぐことが出来、成形後の離型剤洗浄同様、メヤニ除去の手間もいりません。
ゴム製品やシリコン製品を短時間で出来るだけ数多く製造したい場合、作業工程数が少ない方が有利です。メヤニ除去手順を工程に組み込む必要があったり、成形物を洗浄して綺麗にするステップが必要になる離型剤では、この目的に見合うとは言えないでしょう。効率と生産性の高さを重視するなら、ワックス系よりもフッ素系の離型剤を選択する方が、理に適っていると言えるでしょう。

ARTICLE

離型剤を使うことでメヤニを減らしつつゴム製品を成形できる

原材料としてゴムやシリコンを使った製品は、加工しやすいこともあって、ありとあらゆる形状の製品が開発、販売されています。しかし、いくら加工しやすい素材とは言え、複雑な形のものや極度に細い、或いは薄型の製品は、成形の際にかなりの困難を伴います。そんな場合は、離型剤として効果の高いものを使うことで、…

ゴムチューブやパッキンの成形にはメヤニを減らす離型剤が役立つ

鍋蓋にはめこんで使われるパッキンや、様々な製品の部品として使われる場合が多いゴムチューブなどは、細長くてデリケートなため、成型が難しい製品です。にも拘わらず、使用目的から考えて、極めて正確な成型が必要とされることもあり、成形作業においては、綺麗な離型を確実なものにしてくれる離型剤の使用が欠かせ…

安全に成形作業ができてメヤニも抑える離型剤

製品の綺麗な形作りに欠かせないツールの一つに離型剤があります。離型剤にはいくつか異なる種類がありますが、成形作業現場での使用に特に適した特徴を持つ離型剤として、フッ素系離型剤を選ぶのがおすすめです。フッ素系離型剤は、フッ素コーティング加工による非粘着性という特性を生かした離型剤で、極め…

離型剤を塗布すれば成形で出たメヤニを掃除する時間を大幅に短縮可能

シリコンやゴムを使った新商品を開発するにあたり、製造プロセスで使う離型剤として何がいいか検討中の会社もあるでしょう。シリコンやゴムの製品は、金型に原材料を流し込んで成形しますが、離型剤を塗布してから作業しないと、型から成形物を綺麗に分離するのに大変苦労することになります。そのため、離型剤使用は…

TOP