製品成形の際のメヤニ発生を防ぐ!フッ素系離型剤で品質向上を目指す

金属製品の加工

成形する時のメヤニの発生を抑制する離型剤

散らばるメヤニ

離型剤は、様々な製品を金型成型と呼ばれる工法で生産する際、その金型に塗布する事で成形された製品が金型から取り出しやすくする為に欠かす事の出来ない薬剤で、主な離型剤にはフッ素系離型剤やシリコン系離型剤等が有ります。特にフッ素コーティング系の離型剤は、ゴム製品やプラスティック製品の成型に欠かす事が出来ません。フッ素コーティング剤の特徴は、スプレータイプの物が多く流通しており、金型に薄い塗膜を作るだけで高い離型性を発揮出来る事に有ります
又、成形された製品や金型への汚れの付着等を抑える事も可能にしております。又、ゴム製品やプラスティック製品を成形した際に発生する「メヤニ」と呼ばれる現象を防ぐ効果も有ります。メヤニは成形用樹脂が、金型の外に流れ出したり成形された製品にバリの様にはみ出す現象の事で、メヤニの改善は成形された製品の手直し等の不要な手間を省く為に欠かす事が出来ません。
但し、フッ素系離型剤は、潤滑性に掛ける点や離型剤その物が金型にこびり付いてしまう事で成形する製品の形状不具合等を起こす事が考えられる為、定期的な金型の洗浄等を行う必要が有ります。又、成形された製品には離型剤が付着している為、製品を洗浄する必要が有る事を理解しておきましょう。

成形の際にメヤニを防ぐ事もフッ素系離型剤の魅力のひとつ

プラスチックやゴム製品、電子部品の成形後に、製造物にダメージを与えずに金型からの容易な取り外しを可能にする離型剤。離型剤には多くの種類があり、中でもフッ素コーティングの特徴である低い粘着性を最大限に活かせる離型剤は、幅広く利用されています。フッ素コートの離型剤は、非常に薄い膜で金型を覆うことができ、型に忠実な成形による高い品質を持つ製造物を生産できます。
また、フッ素コートの非粘着性により金型に汚れや付着を残さず、同時に成形物にも離型剤の形跡を残さない利点があります。金型のメンテナンスの手間を軽減し、製造物の補正や修正など無駄な作業も不要となり、業務の効率化を図ることができます。フッ素系離型剤は、重ねての散布も可能で連続成形に適し、常温でスプレー塗布ができる使いやすさも強みです。
また、フッ素コートの離型剤のもう一つの魅力は、押出成形の過程でしばしば問題となるメヤニの抑制にも優れた効果を発揮する点です。成形物が金型の内部を通りつつ整形され、口金から押し出される際に、押出口に形成後の余剰素材や不純物の残りカスが蓄積するメヤニは、品質の低下と欠陥を招きます。押出口にフッ素系離型剤が塗られ密着状態が保持されると、製品にメヤニが粘着するのを防ぎ、クリーンな成形が実現します。非粘着性が高いフッ素コートの離型剤は、製品の円滑な成形やメヤニを防ぐ高い効果が期待できます。

離型剤で成形時のメヤニを減らせば品質向上にもつながる

一般に、離型剤は大きくフッ素系、シリコーン系、ワックス系、界面活性剤系の四種類に分類されます。一回あたりの必要量が多いワックス系離型剤、成形後の製造物に転写による接着不良等が起こりうるシリコーン系、離型剤自体の危険性が高く使用できる場面が限られる界面活性剤系と、それぞれに欠点があります。
その点、フッ素系の離型剤は使用しやすさにおいて優れています。また、塗布によりメヤニの発生を防ぐことができるため、押出成形に適しているといえます。メヤニの発生は製品への汚損の原因となるため、製造効率の向上に繋がります。
しかし、フッ素系離型剤は用途に応じて様々な製品が開発されています。また、市場に流通している廉価な離型剤には、品質が極端に低いものも少なくありません。安易に離型剤を購入してしまうと、成型時にメヤニが発生したり、金型を傷めてしまったりと、結果的に高いコストが発生しかねません。
そこで重要なのは、フッ素コーティングのプロであるフッ素コート剤専門メーカーを通じて離型剤を選定、購入することです。専門メーカーは製品の種類が豊富でナレッジを有しており、製品やラインごとの様々な成形条件に適した離型剤を見つけることが可能です。また、各社のWEBサイトや問い合わせ窓口によって、離型剤の特徴や成分を確認することができます。離型剤を購入する際は、信頼のおける専門メーカーを利用することに留意してください。

フロロテクノロジーの「フロロサーフ」は、反応型精密離型剤で、押出成形の口金に塗布しておくとメヤニを抑制できます。塗布部分に密着した離型膜により、連続して離型性が発揮されるため、メヤニが生じにくく、長時間の連続成型が発揮できます。メヤニを減らして成形しやすくするなら「フロロテクノロジー」をご覧ください。

ARTICLE

離型剤を使うことでメヤニを減らしつつゴム製品を成形できる

原材料としてゴムやシリコンを使った製品は、加工しやすいこともあって、ありとあらゆる形状の製品が開発、販売されています。しかし、いくら加工しやすい素材とは言え、複雑な形のものや極度に細い、或いは薄型の製品は、成形の際にかなりの困難を伴います。そんな場合は、離型剤として効果の高いものを使うことで、…

ゴムチューブやパッキンの成形にはメヤニを減らす離型剤が役立つ

鍋蓋にはめこんで使われるパッキンや、様々な製品の部品として使われる場合が多いゴムチューブなどは、細長くてデリケートなため、成型が難しい製品です。にも拘わらず、使用目的から考えて、極めて正確な成型が必要とされることもあり、成形作業においては、綺麗な離型を確実なものにしてくれる離型剤の使用が欠かせ…

安全に成形作業ができてメヤニも抑える離型剤

製品の綺麗な形作りに欠かせないツールの一つに離型剤があります。離型剤にはいくつか異なる種類がありますが、成形作業現場での使用に特に適した特徴を持つ離型剤として、フッ素系離型剤を選ぶのがおすすめです。フッ素系離型剤は、フッ素コーティング加工による非粘着性という特性を生かした離型剤で、極め…

離型剤を塗布すれば成形で出たメヤニを掃除する時間を大幅に短縮可能

シリコンやゴムを使った新商品を開発するにあたり、製造プロセスで使う離型剤として何がいいか検討中の会社もあるでしょう。シリコンやゴムの製品は、金型に原材料を流し込んで成形しますが、離型剤を塗布してから作業しないと、型から成形物を綺麗に分離するのに大変苦労することになります。そのため、離型剤使用は…

TOP